金沢はこまち・ゆめたか接骨院スタッフブログ

2017.6.16 | 坐骨神経痛について パート1

IMG_5204

春が過ぎ、夏を迎える季節になってきました。夏になると暑さにやられてしまい姿勢が丸くなり悪い姿勢になる人が多いのではないでしょうか?姿勢が丸くなってしまうと腰の方に負担がかかってしまい、腰の痛みであったり脚のシビレといった症状が現れてきます。
そこで今回は、脚のシビレと言われてよく耳にする坐骨神経痛についてお話ししていきます。

坐骨神経痛と言われてもピンとこない人のためにまずは坐骨神経についてお話しします。
坐骨神経の「坐骨」というのは骨盤の下部にある骨の名前です。坐骨は、椅子などに座った時に身体を支える骨です。坐骨神経はお尻の梨状筋という筋肉を通り足に向かって走る神経です。

 

では、本題に入ります!!

 

≪坐骨神経痛とは?≫

年齢を積み重ねると、身体を支える骨、靭帯、筋肉、関節などが衰えてきます。そうすると、腰痛だけでなく、おしりから太もも、足にかけてシビレや痛みが現れてきて、次第に痛みが強くなり歩けなくなる症状のことをいいます!また、これは病名ではなく症状の一つなのです。

【原因】

多くの場合、『腰部脊柱管狭窄症』『腰椎椎間板ヘルニア』などが原因で発症するケースがあります。

その他にも、腰椎分離症、梨状筋症候群など

【症状】

症状というものは、本人しかわからないものです。しかし、次のような症状がある場合は疑いがあります。

いつもお尻に痛み、シビレがある

腰を動かすと足の痛みが強くなる

安静にしていてもお尻、足が痛くて眠れない

などがありますが、ほとんどの場合片足にでることがありますが、両足にあらわれることもあります。

 

【治療】

坐骨神経痛の多くは、日常生活の中で正しい姿勢の心掛けやストレッチ、体操というものを行うことによって改善されることもあり予防することもできます!
整形外科で治療となるとすぐに手術をするというイメージがあると思いますが、手術で治るケースがほとんどですが、中には治らない人もいると思います。

それは別の所に原因があるからなのです!

ゆめたか整体院金沢院で考える痛みやシビレの原因は「筋肉の硬さ」です。
初めにお伝えした通り坐骨神経は梨状筋を通って走っているので、この筋肉が硬くなることによって痛みやシビレが現れ症状が悪化してしまうのです。
なので、ゆめたか整体院金沢院では筋肉を柔らかくすることを目的として治療をしていきます!

次回は、ゆめたか整体院ではどのような治療をしていくかについてお話ししていきます。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

/骨盤矯正/お問い合わせ/地図

ゆめたか整体院金沢院

〒920−0909

石川県金沢市袋町1−1かなざわはこまち3階

電話:076−255−0398

※効果には個人差があります。体験談は個人の感想です。

ご予約・お問い合わせはこちら

HOME

金沢院について

TOPへ戻る